【wordpress】特定のページをリダイレクトする方法ープラグイン編【Redirection】

ワードプレス備忘録

指定したURLをリダイレクトで別ページへ飛ばす方法

クライアントからWEBサイト制作を受け、更新機能も欲しいということでCMS(WordPress)を利用して作成することになりました。
流れとしては、広告出稿用のディザーサイト(どちらかといえばリスティング用のLPに近い)を作成し、広告出稿。その間に、本サイトの作成に取り掛かるというもの。

なので、トップページURLを叩いた際、ティザーサイト用として作った固定ページに一時的にリダイレクトさせることにしました。

リダイレクト(redirect)とは?

ウェブサイト閲覧に関していえば、指定したURLから自動的に別のURLページに飛ぶ(転送される)事です。
フィッシング詐欺サイトへ飛ばす、不正なリダイレクトもあるのでご注意を!!

通常は、サイトのURLを変更したとか、そういう時に利用します。
私の場合は、一時的に同一サイト内で別のページ(階層)に飛ばすイメージです。

リダイレクトの種類

①301リダイレクト(redirect)
サイトURLが変更になった等、「恒久的」に変更されるケースで用いられる転送ステータスコードです。
301リダイレクトをすることによって、検索エンジンは元のURL(ドメイン)の評価を引き継がせると言われています。
【301リダイレクトによる正規化】とは…
www付きor無し、hogehoge.com/index.php or hogehoge.com 等、同一ページへの導線が複数ある場合でも、どちらかに統一することで、SEO的に効果があると言われています。

②302リダイレクト(redirect)
「一時的な転送」で使用される転送ステータスコードです。
301と異なり、ドメインの評価を引き継ぎません。

数日~1週間程度のリダイレクトでしたら、こちらを使うことがほとんど。
それ以上の転送でしたら、301リダイレクトを使うようです。

サイトリリース前なので検索エンジンによる評価も何もないのですが、301リダイレクトでの設定を行うことにします。

リダイレクトの設定方法

リダイレクトの設定は、HTTPリダイレクトの場合、ウェブサーバーの設定ファイル(Apacheの場合は、httpd.conf)は、.htaccessファイル、もしくはスクリプトなどで指定できます。

metaタグで設定する方法もあります。

個人的には、.htaccessで設定するのが多いかな…という感じです。

しかし、今回はワードプレスを使っているので、リダイレクトが出来るお勧めのプラグインを利用しました。

WordPressサイトでリダイレクト設定するなら簡単プラグインがお勧め
【Redirection】で速攻設定!

今回は一時的な転送ですし、簡単に設定できるプラグインを利用してみます。
今回使用するのは、【Redirection】です。

Redirection

WordPress管理画面、プラグインページから「新規追加」ボタンを押し、検索窓に「redirection」と入力

john godleyさん作成の「Redirection」を今すぐインストールし、有効化。

プラグイン一覧から、Redirectionの設定画面へ移動し

上記図のように、

Source URLに①転送元のURLを入力。
Target URLに②転送先URLを入力。

作業はたったこれだけ…

関連記事Related article