【WordPress】よく使う条件分岐タグ トップページ・固定ページ・投稿ページで表示を分ける

【Wordpress】よく使う条件分岐タグ トップページ・固定ページ・投稿ページで表示を分ける

WordPressでトップページ・固定ページ・投稿ページなどで表示を切り替える場合。ワードプレス独自の関数を利用して切り替える。

関数でページの種類をチェックして判別する

トップページかどうかをチェックする

<?php is_front_page() ?> //フロントページであればtrue,そうでなければfalse

<?php is_home() ?> //インデックスページであればtrue,そうでなければfalse

どちらを使うかは、ワードプレスの表示設定でフロントページの設定によります。

最新の投稿
どちらでも

固定ページ>フロントページ
is_front_page

固定ページ>投稿ページ
is_home

固定ページかどうかをチェックする

<?php is_page() ?> //固定ページであればtrue,そうでなければfalse

特定の固定ページで指定したい場合はページIDを指定する

is_page('ここにページIDをいれる')

その他、スラッグやタイトルを入れることもできる。

投稿ページかどうかをチェックする

<?php is_single() ?> //投稿ページであればtrue,そうでなければfalse

固定ページ同様にページIDやスラッグなどで特定記事を指定できる。
また、配列で入れれば複数指定も可能

<?php is_single(array(1,2,3)) ?> 

基本的な使い方

ワードプレスデフォルトのテンプレートでも以下のように書いてあることがある。

<?php if (  is_front_page() ||  is_home() ) : ?>
  <h1>サイトタイトルをh1タグで表示する</h1>
<?php elseif(is_page() || is_single()):?>
  <p>サイトタイトルをpタグで表示する</p>
<?php endif; ?>

||はもしくはの意味。

以上、今回のWordpressTips。

関連記事Related article

記事月別アーカイブ