【2018年ドラフト会議】個人的注目選手!セ・リーグ編【 根尾 昂・小園 海斗】

【2018年ドラフト会議】個人的注目選手!セ・リーグ編【 根尾 昂・小園 海斗】

先日アップした

【2018年ドラフト会議】個人的注目選手!パ・リーグ編【藤原 恭大・吉田 輝星】

に続いて、オレ的注目選手セ・リーグ編!!

セ・リーグは、日ハム、巨人、ヤクルトとの競合に勝って、根尾選手を獲得した中日と、こちらも4球団競合で小園選手を獲得した広島が大成功を収めたドラフトだったのではないでしょうか。

中日は、京田さんにセカンドの練習も促しているとか…。広島のショートは田中広輔さんか…、根尾選手・小園選手、開幕スタメン見たいけど、簡単にポジション奪われてほしくはない。

プロの世界は甘くないところをみせて欲しいところだ。

阪神タイガース選択選手

1位 近本 光司 外野手 大阪ガス
2位 小幡 竜平 内野手 延岡学園高
3位 木浪 聖也 内野手 Honda
4位 齋藤 友貴哉 投手 Honda
5位 川原 陸 投手 創成館高
6位 湯浅 京己 投手 富山GRNサンダーバーズ

1回目藤原選手、2回目辰巳選手を外して3回目で地元大阪ガスの近本公司外野手を1位指名。小柄だけど、50メートル5秒8、1塁到達3.9秒。なので、元阪神の赤星さんのようなタイプですかね…。

2位の延岡学園・小幡選手もポジションはショート。今年は野手高校生のドラフト上位指名が多い気がする。

横浜DeNAベイスターズ 選択選手

1位 上茶谷 大河 投手 東洋大学
2位 伊藤 裕季也 内野手 立正大学
3位 大貫 晋一 投手 新日鐵住金鹿島
4位 勝又 温史 投手 日本大学鶴ヶ丘高
5位 益子 京右 捕手 青藍泰斗高
6位 知野 直人 内野手 新潟アルビレックスBC

小園選手のハズレ1位だが、東洋大・上茶谷投手。東洋大三羽烏の1人ですね。

ヤクルトとの競合で上茶谷投手を見事ゲット!

去年ドラフト1位の東(あずま) 克樹投手は上背はないけれど、ルーキーながら11勝5敗 防御率2.45。まぁセ・リーグ新人王でしょう!

上茶谷投手は、MAX151キロで制球力もあるとのこと。東都リーグで1試合20奪三振の記録を作って、三振も取れる!(現時点ではまだ決まっていませんが…)2年連続、ベイスターズからの新人王選出を大いに期待。

ドラフト4位 日大鶴ケ丘高校 勝又温史投手。彼も速球はピッチャーで変化球も多彩。やや制球力に難があるようだが、東京ナンバーワンと評価するスカウトもいたようなので、まずは2軍から大家友和コーチの元で頑張れ!

中日ドラゴンズ 選択選手

1位 根尾 昂 内野手 大阪桐蔭高
2位 梅津 晃大 投手 東洋大学
3位 勝野 昌慶 投手 三菱重工名古屋
4位 石橋 康太 捕手 関東第一高
5位 垣越 建伸 投手 山梨学院高
6位 滝野 要 外野手 大阪商業大学

今年のドラフトは中日!

なんと言っても、大阪桐蔭高校・根尾昂選手。ショート一本でいくと決めたらしいです。

そりゃそうだ、京田選手も意地があるよね…。京田セカンド派が多いようだが、プロの厳しさを教えてやってくれ!

根尾選手にばかり目がいきがちだが、ドラフト2位の東洋大・梅津晃大投手は個人的に東洋大投手の中で一番注目している。各チームのスカウト陣も即戦力とは考えていないが、化ける可能性があると口を揃える将来楽しみな投手。

球速160キロ近く、制球力も安定、落ちる球もある!となってくれれば、本当に大谷翔平レベルになるかもww

読売ジャイアンツ 選択選手

1位 髙橋 優貴 投手 八戸学院大学
2位 増田 陸 内野手 明秀学園日立高
3位 直江 大輔 投手 松商学園高
4位 横川 凱 投手 大阪桐蔭高
5位 松井 義弥 内野手 折尾愛真高
6位 戸郷 翔征 投手 聖心ウルスラ学園高

原監督は、満足度90%のドラフトをしているが…ww個人的には4、50点くらいじゃないかなと思う。
巨人ファンでもアンチ原さんはいるのかもしれないけれど、さすがに東海大つながりが酷すぎるかな。

髙橋 優貴投手?すみません、ドラフト直前で色々注目されている選手見てみましたけど、ノーチェックでした…。

みちのくのドクターK

東海大菅生高校出身で八戸学院大学では、北東北大学リーグ通算20勝。301奪三振。

上原浩二以来の新人奪三振王だ!という見出しの記事もありますが…

でも左腕で150キロ超のストレートと持ち玉にスライダーとフォークがあるようですね。

ドラフト4位で大阪桐蔭・横川凱投手獲っています!これは嬉しいです。

どうしても大阪桐蔭では根尾選手・藤原選手、それにエース柿木投手に目がいきがちですが、190センチの高身長サウスポーの横川投手、良いですよ!!やっぱり身長高いと将来性期待しちゃう…。

巨人は、ドラフトよりもFA選手を他チームから引っ張ってくる感じ。
今シーズンは、広島丸さん西武の銀次郎か…。あと岩隈か…。あとは元西武の中島くんも(獲ったら失敗すると思うけどな)…、お金はあるよなぁ。

東京ヤクルトスワローズ 選択選手

1位 清水 昇 投手 國學院大学
2位 中山 翔太 外野手 法政大学
3位 市川 悠太 投手 明徳義塾高
4位 濱田 太貴 外野手 明豊高
5位 坂本 光士郎 投手 新日鐵住金広畑
6位 鈴木 裕太 投手 日本文理高
7位 久保 拓眞 投手 九州共立大学
8位 吉田 大成 内野手 明治安田生命

ドラフト1位 國學院大・清水昇(しみずのぼる)投手。

帝京高校→國學院大學で。ツーシームが武器とのこと。ツーシームは帝京高校の先輩、DeNAベイスターズの山崎康晃投手に教わったらしく、その他の変化球もスライダー・カーブ・フォークと多彩。

ドラフト2位、法政大学・中山翔太選手は履正社高校出身。3年時の春のセンバツでは4番レフトで出場し準優勝。履正社出身というだけで、期待してしまうパワーヒッター。

ヤクルトも1回目根尾選手・2回目上茶谷投手を外しての清水投手獲得だったが、ドラ2中山選手、そして社会人・日本通運の生田目投手(MAX155キロ)と即戦力級で上位は占めたのではないかな?!

広島東洋カープ 選択選手

1位 小園 海斗 内野手 報徳学園高
2位 島内 颯太郎 投手 九州共立大学
3位 林 晃汰 内野手 智辯学園和歌山高
4位 中神 拓都 投手 市立岐阜商業高
5位 田中 法彦 投手 菰野高
6位 正隨 優弥 外野手 亜細亜大学
7位 羽月 隆太郎 内野手 神村学園高

セ・リーグ3連覇の広島カープは、根尾選手と同じく4球団競合の報徳学園・小園海斗内野手を獲得。
同じショートの田中広輔さんは、今シーズンのゴールデングラブ賞とりました。中日の京田さん同様、望むところだろうね…。

広島は7人選択(育成で1人)が、そのうち5人が高校生。ピッチャー2人に、野手3人。

ドラフト3位の、智辯学園和歌山・林 晃汰選手も内野手。右投げ/左打ち 強豪高校で通算49本塁打。長打もあり、「40本」が目標のホームラン数だそうです。小園選手に対するライバル心は強いでしょうし、お互い名門校同士。

ショート・小園、サード・林で三遊間を守る日も近いかも…。

広島は、育てるのがうまいイメージしかない…。生え抜き選手として野球界を代表する選手になってほしい。

丸は、巨人にいっちゃうかな??(2018年11月8日時点)

2018年、今年のドラフトは高校生が目立ちましたが、大学生も例年ならハズレ1位ではなく、1回目で選択されそうな選手ばかり、高校生も大学生もストレートは150キロ以上で制球力もあり、変化球も持ってる選手ばかり。高校、大学、社会人の差がほとんどなくなってきているんだな…。

 

関連記事Related article

最近の記事

記事月別アーカイブ